悪コスパ

家でサウナは効果なし!? おすすめしない3つの理由 / サウナ傘を使ってみた

サウナ傘をおすすめしない理由

こんにちは。交互浴大好きぴよ太郎(@piyotaroumen)です。

顔サウナって気持ちいけれど、毎日行くのは大変だしな

もっと手軽で家で出来ないかなー

そんなときに僕が発見したのが、『サウナ傘』

結論:見た目、効果もいまいち

まあ、100円の傘を少しばかし改良したアイディア商品。

僕が求めているサウナの「整う」というあの究極な姿には一度もなれませんでした。

とわいえ、アイディアは面白いので、もっと改良したものを僕が作ろうと考えております←(2019.3月時点検討段階)

ということで、現状の『サウナ傘』のレビューをサクっと紹介していきます。

サウナ傘とは

1998円 「お風呂 de サウナ傘」と家でサウナを楽しめるようにした傘である。

使い方は簡単、バスタブの上に開いて、乗せるだけ。

非常にシンプル。

浴槽の湯気や温度で、こんもり温まり、簡易サウナとするアイディア商品。

 

そもそもサウナの効果

一般的には、温度が上がることで、血行がよくなり肩こり改善や内臓の調子がよくなる。汗をかくことで老廃物を出せるなどと言われる。

しかし、真のサウナの効果を得るためには、交互浴(サウナと水風呂入浴)を行い、「整う」と言われる究極体になる必要がある。

・サウナで「整う」とは

サウナと水風呂を2,3回繰り返すとやってくる、究極に頭が冴えて、幸福の絶頂になる瞬間(5,6分)がある。

これを僕やサウナ好きの人は「整う」またサウナトランスと言われる。

少し、調べてみると、血行増加に伴って、快楽物質の「βエンドルフィン」なるものが全身にめぐってるとのこと。

経験したことある人なら、納得!!と思うかと。

・効果的な交互浴とは?

サウナ70-80℃を5,6分

水風呂10-17℃を2,3分←息が冷たくなるまで

常温で休憩4,5分

これを2,3回繰り返す。

すると、2回に1回ぐらいの確率で「整う」という、究極体になります。

ちなみにその時はこの上なく、頭が冴えるので、ビジネスのアイディアやこれからの生き方など、バンバンと決めることもできます。

僕のこのブログ『コスパーマン』も実は、この究極体の時に考えた構成を中心に執筆してるんですよ。

 

サウナ傘をおすすめしない理由

僕の個人的な感想です。

参考までに動画も取ってみました。

作りが非常に安い

サウナ傘の作り

届いて中を開けて、あまりのチープ感に驚きました。

100均傘のような、軽さと持ち手。風呂場にも見た目が悪く、

置いておきたくないかも

温度が上がらない

サウナ傘使ってみた

サウナに求めるような高温には全くなりません。

隙間も多いので、熱気も逃げていきます。

中が狭くストレス

かなり中が狭い。しかも、チープな中身なうえに曇ってしまうので居心地はかなり悪い。

<追記>パーマかけた後は、匂いがきつくて、サウナ傘は全く使用できなくなる。おそらく、カラーもそうかと。1,2週間は少なくとも厳しい。

 

サウナ傘の口コミ


TVにまで紹介されているんですね!!もしもっと画期的なもの作ったら、売れそうですね。


お風呂の良を少なくすると寒いくらいですが笑

バランス釜なのがいけないのでしょうかね…

サウナの口コミ


僕とめっちゃ似てますね笑 無気力な感じからの復活。子供、嫁ニートだけど、月1000円のブログ収益でサラリーマン辞めちゃいましたからね。


もう飲み会なんて、やめてサウナ会にしませんか!? 誰か一緒にいきたいです。

家でサウナを楽しむのは無理!?

調べてみたら、30万だせば、賃貸の家でもサウナが入れそうですね。

ただ、僕みたいに高温のサウナは30万出しても厳しそう。

サウナを売りにした「シェアハウス」ってのあったらニーズありそう。

サウナの利用料取って、お客さん来た分だけ家賃下げるとか。

まとめ

サウナ傘はいかがだったでしょうか。こんな文句言った「サウナ傘」ですが、僕は週2,3回使ってます。そのあとに冷たいシャワー浴びるだけでも、「整う」までは絶対にいきませんが、多少のスッキリ感があります。

ちなみに、僕の大好きな「メンタリストDaiGo」も交互浴まではいかないまでも、風呂後の水シャワーの効果を動画で解説してました。

 

以上、どこかのサウナでお会いしましょう。

ABOUT ME
cosparman
ブログ「コスパーマン」を息子と運営。現在育休1年で貯金200万散財中。大好物は嫁の桃尻と奇跡のパンケーキ。嫁との出会いは銀座でナンパ。 ナンパ指導もしたことがあるとか、ないとか。 >>>>詳しいプロフィールはこちら >>>>ブログで書けないことはTwitterにて。